自分の目的に合う最適な治療を美容外科で受けよう

確実に治しましょう

乳房再建について

乳がんの手術を行うと、乳房を切除することが多いです。乳房が無いことは、女性にとって辛いことです。その辛さを改善できるのが、乳房再建です。乳房再建をすることで、元の乳房に近い形に戻すことができます。

皮弁法

乳房再建の手術法の1つが、皮弁法です。皮弁法とは、体の一部の皮膚、脂肪、筋肉などを一塊にして、血行がある状態で、他の部位に移植する手術のことです。この皮弁を利用活用して、乳房を再建します。

保険診療が認められた

乳房再建の手術は、経済的な負担が大きいため、諦めていた人も多いです。しかし、インプラント法は、2014年から保険診療で治療が認められるようになりました。そのため、インプラント法を希望する人が多くなりました。

アフターケア

乳房再建をする場合は、手術法だけではなく、アフターケアについても知っておいたほうが良いです。アフターケアは、傷跡のケア、筋力回復までのケアなど様々あります。その点も担当医に確認しておきましょう。

女性がなりやすい病気

ほうれい線とたるみを改善できるおすすめのクリニックを集めています。肌の老化の知識を身につけて治療を行いましょう。

性別によってなりやすい病気は異なります。女性がなりやすい病気の1つが、乳がんです。
乳がんは、日本人女性の12人1人がかかる病気で、誰もがなりうる病気なのです。がんというと、治らないイメージが強いですが、乳がんは比較的良性のがんなので、早期発見、早期治療を行なえば、確実に完治できます。
メディアでも取り上げられることが多くなったので、乳がんの検査をする人が増えています。
毎年乳がんになる女性は、約7万人います。女性のがん羅患数では、乳がんが一番多いです。治りやすい病気なのですが、患者の3割が再発する可能性があります。
女性だけの病気と思われがちですが、男性も乳がんになる可能性はあります。ただ、その可能性はとても低く、全体の約1パーセントです。

乳がんは、女性にとって非常に身近な病気です。ですから、知識をつけておいて、万が一に備えておいたほうが良いです。
乳がんの治療方法は様々あります。
手術、放射線療法、化学療法、ホルモン療法などが一般的な治療法です。
様々ある治療法ですが、乳がん治療の基本となるのは、手術です。手術をすることで、病気の根源となっているがん細胞を取り除くことができます。
がん細胞は、乳房内になるので、手術ではそのがん細胞を取り除いてきます。
がんの種類、しこりの大きさ、進行度などによっても、手術法は異なります。最近では、なるべく小さい範囲でがんを取り除く手術を行います。
一昔前までは、乳房を大きく切除することで、再発を防ぐことができ、生存率も高まるとされていましたが、それは関係ないことがわかったために、なるべく小さい範囲で切除されています。
小さい切除をすることで、乳房再建をする際も、なるべく大きな手術をせずに済みます。

診療科が細分化しているので、美容外科と形成外科、美容整形の違いが分からないという人も多いです。
それぞれの違いを理解して、受診することが大切です。
美容外科と美容整形に意味は同じです。正式名称としては、美容外科が正しいのですが、美容整形と呼ばれることも多いです。
美容外科の特徴は、綺麗になるために受けるということです。健康状態に異常はなく、二重まぶたにするために、アンチエイジングのために、などの目的で治療は、美容外科での治療になります。
対して、形成外科とは、体の健康や機能を高める医療になります。
健康状態に影響してくるものなので、形成外科の治療は保険が適応されます。

再手術

乳房再建の手術は、皮弁法、インプラント法、脂肪注入など様々な方法があります。手術した後に、更にバランスが良い乳房にするために、再手術をすることもあります。再手術の方法は、一回目に行った手術によって異なります。

Copyright© 2015 自分の目的に合う最適な治療を美容外科で受けよう All Rights Reserved.