保険診療が認められた | 自分の目的に合う最適な治療を美容外科で受けよう

自分の目的に合う最適な治療を美容外科で受けよう

看護婦

保険診療が認められた

乳房再建の手術は、保険診療が認められていなかったので、経済的な問題から手術をしなかった人も多いです。
しかし、乳房再建手術の1つ、インプラント法が、2014年に保険診療として認められたので、費用の負担を軽減して治療を受けることができます。
インプラント法は、乳房の形に似せた人工乳房を、胸に挿入して乳房再建するという方法です。
シリコンで出来ているインプラントを挿入するためには、挿入するための皮膚の余裕が無いといけません。
そのため、手術は2かいに分けて行うことが多く、1回目の手術で皮膚の下にエキスパンダーを挿入して、2回目の手術で、エキスパンダーを取り出して、そのスペースにインプラントを挿入します。
エキスパンダーとは、シリコン製の袋のようなもので、最初はつぶれている状態なのですが、手術した後に水を注入して、徐々に膨らんでいきます。
エキスパンダーをすることで、皮膚を伸ばすことができるので、2回目の手術で、インプラントを挿入することができるようになります。

合計で2かいの手術を行う、インプラント法の乳房再建ですが、1回目と2回目の手術の間は、半年~1年程度です。
半年経てば、自分の都合が良い時に手術を行うことができます。
インプラント法は、がん細胞を切除する時の傷跡を切開して行うので、更に傷跡が増えることはありません。
一般的には2回の手術が必要なのですが、乳がんを切除する時に、同時にインプラントを挿入して乳房再建する方法もあります。
ただ、この場合は、特別な条件が揃った上で初めてできるようになるので、誰でもできるというわけではありません。

インプラント法の特徴は、乳房再建をした後はすぐに、乳房の形になっています。
インプラントは、乳房に似せて綺麗な形になっています。
簡単で、綺麗な乳房を再建できる、というメリットがありますが、感触は硬いという注意点があります。また、動くことも無いので、走っても揺れたりしないですし、仰向けになっても横に流れたりしないため、非常に自然とまではいきません。
ただ、乳房切除の喪失感は簡単に解消することができます。

Copyright© 2015 自分の目的に合う最適な治療を美容外科で受けよう All Rights Reserved.