乳房再建について | 自分の目的に合う最適な治療を美容外科で受けよう

自分の目的に合う最適な治療を美容外科で受けよう

看護婦

乳房再建について

乳がんの手術をすることで、乳房は切除されることになってしまいます。
女性にとって乳房は、女性らしさを表す1つですから、それが切除されてしまうと、喪失感もありますし、日常生活に支障をきたすこともあります。
しかし、その悩みは乳房再建をすることで改善されます。
乳房再建をすることで、乳房切除の喪失感が無くなるだけではなく、通常の下着を使うこともできます。また、他人の視線も気にならなくなりますし、日常生活での不都合も解消されます。
精神面での負担が、乳房再建手術をすることで、大きく減少されるのです。

乳房再建の手術法は様々あります。
体の一部を使って、胸に移植する方法として、腹直筋皮弁法や後背筋皮弁法などがあります。
それに対して、人工乳腺を挿入する方法として、単純人工乳房挿入法やエキスパンダー法などがあります。
それぞれ特徴が異なりますし、メリット、注意点も異なるので、手術を行う場合はそれを理解して、自分に合った手術法を選んだ方が良いです。

乳房再建には、一期的再建と二期的再建があります。
一期的再建とは、がん細胞を摘出する時の手術と同時に行われる再建のことで、手術した後に時間をおいて行う再建を二期的再建と言います。
乳房再建は基本的に、形成外科で行われます。そのため、一期的再建を行う場合は、形成外科がある病院や施設で、手術を行うことになります。
二期的再建の場合は、乳がんの手術が終わってからなので、再建を行うのは精神的に落ち着いてから行うことができます。
形成外科の選択も時間をかけて行うことができますし、手術法なども納得して、再建を決めるまで十分な時間を取ることができます。

Copyright© 2015 自分の目的に合う最適な治療を美容外科で受けよう All Rights Reserved.